eikoの部屋



知床硫黄山(標高1563m)
川湯温泉から約3キロに位置する硫黄山は、アイヌ語でアトサ(裸)ヌプリ(山)と呼ばれ
現在でも硫黄の噴煙がゴウゴウと音を立ててあちこちから立ち上っております。
その姿はまさに地球の鼓動を感じるという表現がふさわしい印象を受けるそうです

2009年2月27日〜3月2日 
日程 観光コース  旅の写真掲載  クリックしてね
1日目 羽田経由釧路空港へ〜釧路湿原・北斗展望台〜
    鶴見台(タンチョウの生息地)〜阿寒湖畔温泉泊

  夜: 阿寒湖氷上フェスティバル「冬花火」
釧路湿原展望台  タンチョウ(遠景)
2日目 ホテル〜摩周湖〜硫黄山〜オシンコシンの滝〜知床ウトロ温泉泊
(日程の昼食地・ショッピングセンターは省きます)


夜は「幻想的な知床オーロラファンタジー」と
言うレーザー光線によるショーが海辺でありましたが
写真は上手く撮れませんでした(花火と一緒で難しい!)
オシンコシンの滝  摩周湖
  硫黄山
3日目 ホテル〜トーフツ湖白鳥公園〜網走港〜流氷砕氷船〜
北海道野生王国〜層雲峡温泉泊 

夜:層雲峡氷瀑まつり

トーフツ公園(白鳥飛来地) 
網走港からヘリコプター遊覧
流氷砕氷船  砕氷船航跡

層雲峡氷瀑まつり
4日目 ホテル〜層雲峡銀河流星の滝〜上川〜アイスパビリオン観光〜
新千歳空港へ〜

上川あたりから雪が降り出し一時外の景色が見えない程でした
(こんな厳しい天候も見たかったので〜これも嬉しかったです)
アイスパビリオンではー40℃を体験し入口近にボブスレーの
ミニコースに若い夫婦・おばさんのグループも
「キャ〜!!」って楽しんでました^^

銀河の滝  流星の滝



eikoの部屋