eikoの部屋

エジプト・ギリシャ漫遊紀行TOP  戻って次をご覧ください

世界最大のエジプト遺物を展示する博物館

内部はカメラ持ち込み禁止で添乗員が入り口で15人のカメラを集め
預けました。歴史的、芸術的価値の高い展示品の中でも
ツタンカーメンの部屋は一番の人気でした。
黄金のマスク、玉座などきらびやかな美しさに見とれました。
紹介できなくて残念

別に一人100ポンド(2000円)を払ってミイラ室を見ました。
歴代の王や王妃のミイラが納められていて 皆、頭部が小さく身長が
ありさぞ美男、美女だったことでしょう。



エジプトアラブ共和国
首都    カイロ
人口 7071万人 90%がイスラム教徒
面積    日本の3倍弱
通貨 エジプトポンド、ピアストル
 1ポンド=20〜23円
枕チップはUSドル1ドルか6ポンド必要でした。
トイレは係員がいると50ピアストルか1ポンドのチップが必要

関西空港からエジプト航空で13時間。私たちのツアーは 5人家族、3組の夫婦、2組の母娘の15人です。機内は宗教上の理由でアルコールのサービスはなくイヤホーンから聞こえるのはコーランのような
退屈な音楽

長い一日が過ぎ現地時間11時過ぎに一応5つ星のホテルに到着明日から観光が始まります 一日目の夜は結婚式があったとかで12時過ぎても賑やかで私は睡眠剤をのんでさっさと寝ましたが夫はうるささに眠れず2日目の朝を迎えました。


カイロ市内


モハメド・アリ・モスク


聖ジョージ教会
アフリカ最大の都市カイロ、とても都会的。夜は8時ごろまで明るいですが朝は7時ごろまでお日様が見えません。 規模は小さいですがトルコで見たモスクそっくりでした。
真似たものでしょう
私たちの背後が
モスクです
オールドカイロ地区はキリスト教関係の建物が
多く見られました。
リシャ正教の十字架は縦、横の長さが同じくらいでキリスト教のそれと区別できます。地下に牢が見えました。 ビルの間からピラミッドが見えます車窓から ピラミッドは砂漠の真ん中と思っていたので市内から近くにあるなんて驚きです。 世界最大のエジプト遺物を展示する博物館

エジプト・ギリシャ漫遊紀行TOP